性同一性障害を受け入れ、自分らしく生きる

WEBマガジン「LGBTER」にて記事にして頂きました。

30歳を過ぎるまで、肉体的にも社会的にも女性として生きてきた和泉さん。「女性の気持ちも男性の気持ちもわかるから、『自分』に生まれてよかったなって、今では前向きに考えられています」と、屈託のない笑顔で語る。常に心の片隅にモヤモヤとした悩みを抱きながらも、和泉さんは前向きに人生を歩んできたという。そんなポジティブシンキングの秘訣を、存分に紐解いていきたい

http://lgbter.jp/haruto_izumi1/

RELAX & 箱庭セラピー「ゆくい」

箱庭セラピーは本当の自分を思い出し、そこに還る旅のよう。 ”今”を活かし、”自分”を生かす先には、素晴らしい自分らしさに溢れる道が広がります。

0コメント

  • 1000 / 1000